CCReB CREMa利用規約

この利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、ククレブ・アドバイザーズ株式会社(以下、「当社」といいます。)と、当社のシステムである「CCReB CREMa」(以下で定義するものとします。)により提供される当社が別途指定するサービス(当該サービスに基づきユーザーが登録した情報を含み、以下「本サービス」といいます。)を利用するユーザーとの間の契約(以下「利用契約」といいます。)の内容となります。

「CCReB CREMa」は、企業の不動産に関するニーズについて情報を登録することで、当該ニーズを充足する可能性のある不動産情報の検索、マッチングを補助するシステムであり、当該システムの具体的な内容については、別途当社が指定した上で、ユーザーに提示するものとします。なお、本サービスには宅地建物取引業法(昭和二十七年六月十日法律第百七十六号 その後の改正を含む。)に規定される宅地建物取引業に該当する行為、及び金融商品取引法(昭和二十三年四月十三日法律第二十五号 その後の改正を含む。)に規定される金融商品取引業に該当する行為は含まれません。


第1条 (適用)

1. 本規約は、ユーザーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。

2. 当社は本サービスに関し、本規約のほか、ご利用にあたってのルール等、各種の定め(以下、「個別規定」といいます。)をすることがあります。これら個別規定はその名称のいかんに関わらず、本規約の一部を構成するものとします。

3. 本規約の規定が前条の個別規定の規定と矛盾する場合には、個別規定において特段の定めなき限り、個別規定の規定が優先されるものとします。


第2条 (利用登録)

1. 本サービスにおいては、登録希望者が本規約に同意の上、当社の定める方法によって利用登録を申請し、当社がこれを承認することによって、利用登録が完了するものとします。

2. 当社は、利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合、利用登録の申請を承認しないことがあり、その理由については一切の開示義務を負わないものとします。

(1) 利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合

(2) 本規約に違反したことがある者からの申請である場合

(3) その他、当社が利用登録を相当でないと判断した場合


第3条 (ユーザー登録情報の変更)

ユーザーは、そのユーザー登録情報の全部又は一部に変更が生じたときは、直ちに、当社に対し、当社所定の方法により、当該変更の内容を通知しなければならないものとします。ユーザーが当社に対する当該通知をしない限り、当社は、変更前のユーザー登録情報に基づき通知その他の連絡をすれば足り、当社がユーザーに対し変更後のユーザー登録情報に基づき通知その他の連絡をしなかったことに起因してユーザーに損害が生じたときであっても、当社は当該損害を賠償する責任を一切負いません。


第4条 (利用料金および支払方法)

1. ユーザーは、本サービスによるマッチング情報の対価として、当社が別途定める利用料金を、当社が指定する方法により支払うものとします。

2. 当社は、本利用料金を変更する必要があると判断した場合、本利用料金を任意に変更することができるものとします。尚、かかる変更については、当社の定める方法により、ユーザーに対して通知するものとし、かかる通知をもって本利用料金は変更され、新たに本条第1項に定める本利用料金を構成するものとします。

3. ユーザーが利用料金の支払を遅滞した場合には、ユーザーは年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。


第5条 (ユーザーIDおよびパスワードの管理)

1. ユーザーは、自己の責任において、本サービスのユーザーIDおよびパスワードを適切に管理するものとします。

2. ユーザーは、いかなる場合にも、ユーザーIDおよびパスワードを第三者に譲渡または貸与し、もしくは第三者と共用することはできません。当社は、ユーザーIDとパスワードの組み合わせが登録情報と一致してログインされた場合には、そのユーザーIDを登録しているユーザー自身による利用とみなします。

3. ユーザーID及びパスワードが第三者によって使用されたことによって生じた損害は、当社に故意又は重大な過失がある場合を除き、当社は一切の責任を負わないものとします。


第6条 (禁止事項)

ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはなりません。

1. 法令または公序良俗に違反する行為

2. 犯罪行為に関連する行為

3. 本サービスの内容等、本サービスに含まれる著作権、商標権ほか知的財産権を侵害する行為

4. 当社、ほかのユーザー、またはその他第三者のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為

5. 本サービスによって得られた情報を商業的に利用する行為(当社に知らせることなく当社が紹介したユーザー同士で取引を成立させることおよびユーザーが本サービスによって得られた情報を別の顧客等に紹介をすること等を含むがこれに限らない。)

6. 本サービスに関連するコンテンツ、ドキュメント、プログラム等又はこれらを翻案した二次的著作物の複製、上演、演奏、上映、公衆送信、口述、展示、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、まだ公表されていないものの公衆への提供若しくは提示、公衆への提供若しくは提示の際の著作者名の無断表示又は無断非表示、改変当社に無断で本サービス又はこれに類似し若しくは本サービスから派生するサービスを提供する行為

7. 本サービスの提供に必要なネットワーク、システム等に過度な負荷をかける行為その他当社のサービスの運営を妨害するおそれのある行為

8. 不正アクセスをし、またはこれを試みる行為

9. 他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為

10. 不正な目的を持って本サービスを利用する行為

11. 本サービスの他のユーザーまたはその他の第三者に不利益、損害、不快感を与える行為

12. 他のユーザーに成りすます行為

13. 当社が許諾しない本サービス上での宣伝、広告、勧誘、または営業行為

14. 当社のサービスに関連して、反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為

15. 本サービスを通じて虚偽の情報を登録する行為

16. その他、当社が不適切と判断する行為


第7条 (本サービスの提供の停止等)

1. 当社は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。

(1) 本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合

(2) 地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合

(3) コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合

(4) その他、当社が本サービスの提供が困難と判断した場合

2. 当社は、本サービスの提供の停止または中断により、ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害についても、一切の責任を負わないものとします。


第8条 (利用制限および登録抹消)

1. 当社は、ユーザーが以下のいずれかに該当する場合には、事前の通知なく、ユーザーに対して、本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し、登録情報を削除もしくは非表示にし、またはユーザーとしての登録を抹消することができるものとします。

(1) 本規約のいずれかの条項に違反(第17条第2項及び第3項、並びに第18条第1項に定める表明及び保証に違反することを含みますがこれに限りません。)した場合

(2) 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合

(3) 支払停止若しくは支払不能となり、又は、破産手続、再生手続、会社更正手続、特別清算手続又はこれらに類する手続の申立があったときその他ユーザーの信用に著しい不安が発生したと当社が判断した場合

(4) 仮差押え、仮処分その他の保全処分、差押えその他の強制執行、担保不動産競売開始手続等の申立てがあった場合、租税公課の滞納その他滞納処分を受けた場合又はこれらに類する申立て等があった場合

(5) 当社からの連絡に対し、一定期間返答がない場合

(6) 本サービスについて、最終の利用から一定期間利用がない場合

(7) その他、当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合

2. ユーザーが本条第1項各号に定める事由のいずれか1つに該当するときは、当該ユーザーは、当社に対する一切の債務について当然に期限の利益を失うものとします。

3. 当社は、本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について、一切の責任を負いません。


第9条 (退会)

1. ユーザーは、当社の定める退会手続により、本サービスから退会できるものとします。但し、当社が、ユーザーにつき第8条第1項各号に該当すると判断した場合、ユーザーは本サービスから退会することはできません。尚、当社とユーザーとの間で協議の上合意に至った場合には、ユーザーは本サービスから退会できるものとします。

2. 本サービスからの退会にあたり、ユーザーは、当社に対する一切の債務について当然に期限の利益を失うものとします。

3. 第10条及び第15条から第21条までの規定は、ユーザーの本サービスからの退会後も引き続き効力を有するものとします。


第10条 (保証の否認および免責事項)

1. 当社は、本サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。

2. 当社は、本サービスに起因してユーザーに生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。ただし、本サービスに関する当社とユーザーとの間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合、この免責規定は適用されません。

3. 当社がユーザーに生じた損害について賠償責任を負う場合(前項ただし書に定める場合を含みますがこれに限りません。)であっても、当社は、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(当社またはユーザーが損害発生につき予見し、または予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負いません。また、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害の賠償は、ユーザーから当該損害が発生した月に受領した利用料の額を上限とします。

4. 当社は、本サービスに関して、ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切責任を負わず、ユーザーが自己の責任によって解決するものとし、当社に対し一切損害迷惑等を及ぼさないものとします。


第11条 (サービス内容の変更、中止等)

1. 当社は、ユーザーに通知することなく、本サービスの全部または一部の内容を変更しまたは本サービスの全部または一部の提供を中止することができるものとし、これによってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

2. 本サービスの提供を中止する場合、当社は、ユーザーに対し、事前に当社所定の方法により通知するものとします。ただし、緊急を要する場合については、当該中止後、速やかに当社所定の方法により通知するものとします。


第12条 (利用規約の変更)

1. 当社は、本規約の全部又は一部を変更することができるものとします。この場合、当社とユーザーとが個別に合意することなく、当社とユーザーとの間で変更後の本規約に合意があったものとみなします。

2. 当社は、本規約の全部又は一部を変更するときは、その変更の効力発生時期を定めた上、その効力発生時期が到来する前に、本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容並びにその効力発生時期を、ユーザーに対する通知、当社のウェブサイト(http://ccreb.jp)への掲載その他の適切な方法により周知します。


第13条 (個人情報の取扱い)

当社は、当社が本サービスを通じて取得した、ユーザーに関する情報については、当社「プライバシーポリシー」に従い適切に取り扱うものとします。


第14条 (通知または連絡)

ユーザーと当社との間の通知または連絡は、当社の定める方法によって行うものとします。当社は、ユーザーから、当社が別途定める方式に従った変更届け出がない限り、現在登録されている連絡先が有効なものとみなして当該連絡先へ通知または連絡を行い、これらは、発信時にユーザーへ到達したものとみなします。


第15条 (利用契約上の地位等)

1. ユーザーは、利用契約上の地位又は権利若しくは義務につき、第三者に譲渡、移転、担保設定その他の処分をすることはできません。

2. 当社は、本サービスに関する事業を事業譲渡、会社分割その他一切の方法により第三者に承継したときは、当該承継に伴い利用契約上の地位並びに権利及び義務、本サービスの運営上ユーザーより取得した一切の情報を当該第三者に譲渡することができるものとし、ユーザーは、これらの承継・譲渡を予め承諾したものとします。

3. 当社は、ユーザーの承諾なしに、本サービスに関する業務の全部又は一部を第三者に委託することができます。


第16条 (秘密保持)

当社とユーザーとは、本サービスに関連して、必要があると判断した場合に別途秘密保持契約を締結するものとし、ユーザーがかかる秘密保持契約の各条項に同意したことをもって、当社とユーザーとの間に秘密保持契約が締結されるものとします。


第17条 (権利帰属等)

1. 当社ウェブサイト及び本サービスに関する知的財産権は全て当社または当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に基づく本サービスの利用許諾は、当社ウェブサイトまたは本サービスに関する当社または当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。

2. ユーザーは、自らが本サービスを通じて投稿その他送信した一切の情報(ユーザー自身に関する情報、物件情報及び売買のニーズに関する情報を含みますがこれに限りません。以下「投稿情報」という。)について、自らが投稿その他送信することについての適法な権利を有していること、及び投稿情報が第三者の権利を侵害していないこと、並びに投稿情報の内容が真実かつ正確であることについて、当社に対し表明し、保証するものとします。

3. ユーザーは、投稿情報の内容を変更した場合、その変更内容について、自らが投稿その他送信することについての適法な権利を有していること、及び変更後の投稿情報が第三者の権利を侵害していないこと、並びに変更後の投稿情報の内容が真実かつ正確であることについて、当社に対し表明し、保証するものとします。

4. ユーザーは、投稿情報について当社が必要と判断した場合、当社に対し、世界的、非独占的、無償、サブライセンス可能かつ譲渡可能な使用、複製、配布、派生著作物の作成、表示及び実行に関するライセンスを付与するものとします。

5. ユーザーは、投稿情報に関し、当社及び当社から権利を承継しまたは許諾された者に対して著作者人格権を行使しないことに同意するものとします。

6. 当社は、投稿情報について、サービス運用の参考資料やマーケティングデータ等として活用する場合があり、ユーザーはこれを承諾します。


第18条 (反社会的勢力の排除)

1. ユーザーは、当社に対し、ユーザーが次の各号に定める事由のいずれにも該当しないことを表明し、保証します。

(1) 自己又は自己の役員若しくは従業員が反社会的勢力でなくなった時から5年を経過していないこと

(2) 自己又は自己の役員若しくは従業員が、現在において、及び、将来にわたり、反社会的勢力に該当し又は反社会的勢力又はこれに関与している者と社会的に非難されるべき関係を有すること

(3) 現在において、及び、将来にわたり、反社会的勢力又はこれに関与している者が経営を支配し若しくは経営に関与し、反社会的勢力又はこれに関与している者を利用し若しくはこれらの者に資金等を提供したり便宜を供与したりするなどの関係を有すること

(4) その他上記各事由に準じる場合

2. 当社は、ユーザーが前項の表明・保証に反することが判明したときは、催告その他の手続なくして直ちに、利用契約を解除することができます。

3. 当社は、ユーザーに対し、前項に基づき行った行為により当該ユーザーに損害が発生したとしても、これを賠償する責任を一切負いません。


第19条 (損害賠償)

ユーザーは、自らの投稿行為、本規約で禁止されている行為、サービス利用契約に違反(第17条第2項及び第3項、並びに第18条第1項に定める表明及び保証に違反することを含みますがこれに限りません。)する行為その他ユーザーの行為により、当社、本サービスの他のユーザー、第三者に損害を与えた場合、当該損害を与えたユーザーは、その損害の一切を賠償する責任を負うものとします。また、かかる損害についてユーザーは自己の責任によって解決するものとし、当社に対し一切損害迷惑等を及ぼさないものとします。


第20条 (分離可能性)

本規約のいずれかの条項又はその一部が法令により一部無効又は執行不能と判断された場合であっても、当該条項及び当該条項の一部以外の本規約の定めは、すべて継続して完全に効力を有するものとします。


第21条 (準拠法・裁判管轄)

1. 本規約その他本サービスに関する準拠法は日本法とします。

2. 本規約その他本サービスに関して紛争が生じた場合には、訴額に応じて東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄とします。


以上


【令和2年9月30日 制定】